ネタチョーでGO!!

ハッキリ言って”過去ネタのオンパレード”!!それでもよろしければ、楽しんで行って欲しいぜ!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな映画を観た その11・・・武士の一分

 1月7日の夜、渋川の「いち林飯店」で胡麻味らぁめんなんぞを堪能した後は、そのまま高渋線を車で飛ばして、イオン高崎へ!


 そして3階に行って、イオンシネマへ行って映画鑑賞と洒落こませていただいたぜ!




 今回観た映画は・・・

 20070113201820.jpg



 山田洋次監督と木村拓哉やタッグを組んだ話題の映画「武士の一分」だ!



 三村新之丞(木村拓哉)は近習組に勤める三十石の下級武士。城下の木部道場で剣術を極め、藩校で秀才と言われながらも、現在の務めは毒見役。不本意で手応えのないお役目に嫌気がさしながらも、美しく気立てのいい妻・加世(檀れい)、父の代から仕える中間の徳平(笹野高史)と、つましくも笑いの絶えない平和な日々を送っていた。

 そんなある日、新之丞の身を、そして心も揺るがす事変が起きた。いつものように役目を務める新之丞が、藩主の昼食に供された貝の毒にあたったのだ。激しい痛みに意識を失い、居宅に運び込まれ、高熱にうなされ続けた新之丞は、加世と徳平の必死の看病で辛くも一命を取り留めた。

一時は藩主暗殺を狙った謀略か? とお家を揺るがした事件も、料理人が危険を伴う食材を供しただけの不始末とわかり、責を負って広式番・樋口作之助(小林稔侍)が切腹をして一件落着となった。

 毎度のことながら、騒々しく見舞いにやって来た叔母の以寧(桃井かおり)が帰ると、新之丞は薄目を開けたが、見えるべきものが見えないことに気付く。剣術で鍛えた頑強な身体は猛毒に耐えたが、引き換えに光を奪い去られたのだ。

 加世のお百度参りもむなしく、一生を暗闇の中で過ごさねばならないと知った新之丞は、武士としての奉公もかなわず、衣食のすべてに他人の手を借りなければ生きていけないと絶望し、自ら命を絶とうとする。
・・・・・・・・・・(yahoo!映画特集より抜粋)



 オレとしては、初の時代劇映画の鑑賞!そして初の山田洋次作品の鑑賞!!

 果たして、どんな感じなのかなぁ~?




 からは、ネタバレ・オチバレがあるので、注意しながら読むべし!


いきなり、キムタクの不自然すぎる庄内弁!

 しかもあのいつものセリフ回しの上での東北訛りである!やはり最初は吹き出してしまったが、後半になるにつれてそんなのは気にならなくなった!不思議なモンだ!!



キムタク演じる三村新之丞は藩主のお毒味役!本編ではそのお毒味を行う場面もあるんだが、コレがまたすごく淡々とした流れ作業!とてもやりがいのない仕事に見える!

 そんでその今の仕事が嫌で仕方ない新之丞!妻にボヤきながらも、勤めに向かう日々!何だか現代サラリーマンの悲哀な感じとダブるよ~な気がしました!




悲哀といえば、新之丞が失明後に初めて登城し、藩主に労いの言葉を賜る場面もまた・・・(悲)

 藩主、待ち構えていた新之丞に対して「大儀」の一言だけ!しかも、夏のうだるような暑さにかったるそ~な藩主(苦笑)

 新之丞、何だか報われない感じに!そして新之丞の周りには何匹もの蚊が・・・

 この映画でオレが一番トホホなシーンだと思ったのがコレだった!しかし、物語が進むにつれて、あの藩主が実は名君だったということが分かったりする!




物語の最高のヤマ場の、新之丞と島田(坂東三津五郎)の決闘シーンもなかなかのモノ!

 それにしても、島田はホンマ悪い奴っちゃで~!(「ウイークエンダー」の桂朝丸(現ざこば師匠)風に)

 人の妻にちょっかい出した上に、決闘の際にも結構卑怯な手を使ったりして、観ているオレたちを大いに感情移入させてくれたぜ!

 そして盲目ながらも新之丞が見事に島田を仕留めた!流石の剣さばきだったぜ!スカッとしたぜ!!

 これならお毒味役という淡々とした仕事が嫌だったというのも改めて頷ける!




そして今回の物語を盛り上げたのが、三村家の中間・徳平(笹野高史)!この男無しではこの物語は面白くなかっただろ~な!

 この男が出てくると、十中八九笑いの世界になる!この物語がただの暗い話にならなかったのも、彼のおかげだろ~な!

 最後にはご主人様に対して、ニクい演出するし!!




 20070114104917.jpg
イラストをクリックすると拡大するぜ!






 ド派手な演出や殺陣があまりなく、こ~いった人情味溢れる時代劇も良いモンだね♪

 キムタクもなかなか健闘してたし、笹野高史の徳平もナイスキャラだった!

 そんでもって新之丞の奥さん・加代!ホント健気で可愛い奥さんだったぜ!演じたのは、壇れい!

 元宝塚の娘役スターだったっていうぐらいでイマイチよく分からない女優さんだなぁ~って思ったら・・・・・

 ああ~!「キュプルン」のCMの人だったんですね~♪





 そして、「武士の一分」のHPはコチラだぜ!http://www.ichibun.jp/




 ちなみにオレ、キムタクと生年月日が一日違いだったりする!一日違いだけで、こ~も違うモンか(苦笑)・・・


 ・・・クリックよろしく~♪

スポンサーサイト

テーマ:武士の一分 - ジャンル:映画

  1. 2007/01/14(日) 11:08:58|
  2. 映画ネタ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<ラーメン屋めぐり その104・・・つけめん 秀虎@みどり | ホーム | ラーメン屋めぐり その103・・・いち林飯店@渋川 ③>>

コメント

こんばんは~。

GIRUSAMAさん。

我が家の長女は、キムタクの誕生日は思い出しても 一日違いの長男の誕生日を思い出しませんでした。
それより もっと悪いのが。。。。。。
言いたくありません。(笑)

>武士の一分
 GIRUSAMAさんと感性が似ているんですね~
 さすがに親子だわ。私達(え!)
 以前私の書いた記事をT.Bしようとしましたが、できません。
今年に目標は、「T.Bできるようにしよう!」
 なんて 小さな目標なんでしょうね!
  1. 2007/01/14(日) 23:07:44 |
  2. URL |
  3. ルーズメリー #BoheOJYw
  4. [ 編集]

原作:藤沢周平×監督:山田洋次ということであの「たそがれ清兵衛」のタッグ再び、という感じですね。名も無き一武士の生き様を描いている点でも、続編的な印象があります。
自分は「たそがれ」には結構ハマったクチなんですが、今度は主演がキムタクというのが、ちょっと不安...←偏見かもしれないけど。
時代劇はけっこう好きなんで久々に映画館に足を運んでみようかな~、と思います。
  1. 2007/01/15(月) 19:49:05 |
  2. URL |
  3. aki715 #-
  4. [ 編集]

 ルーズメリーさん!なじらねぇ~?v-490

 ・・・・・ウ~~~ン、確かにコレでは息子さん、ち~と可愛そうですね~・・・

 同じ誕生日のモノとして、大いに同情したいです!ちなみに11月12日生まれの芸能人・有名人は、麻木久仁子、俵孝太郎、岩崎宏美、由美かおるなどがいます!

 それから、実は母上のブログで「武士の一分」のレビューを見させていただきましたが・・・・・確かにいくつか同じ感想でしたね!

 母上も徳平がお気に入りのご様子で♪

 そして・・・・・実はオレもTBしようとしても、上手く行かないんです。今でもその問題、放置したまんまです(苦笑)

 そんじゃ親子共々、今年の目標は「T.Bできるようにしよう!」ってコトで(笑)
  1. 2007/01/16(火) 00:29:29 |
  2. URL |
  3. GIRUSAMA #-
  4. [ 編集]

 aki715さん!なじらねぇ~?v-490

 確かにキムタクって聞くと、何か「大丈夫かな~?」って言う気持ち、ありますよね!しかも今回は、時代劇!不安だってのも頷けます!

 でも、そんなには気にならなかったですよ~!後半は結構緊迫なムードで見事にハマった感じがしました!(あくまで、オレ自身の意見ですが)

 そして、今回の「武士の一分」を観たら、残りの2作品「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」も観たくなりましたね!

 是非ともDVDレンタルして観よ~っと♪
  1. 2007/01/16(火) 00:37:20 |
  2. URL |
  3. GIRUSAMA #-
  4. [ 編集]

GIRUさまの解説で。。。

お笑いの映画になってしまった~!
内容もわかったし、もう見なくてもいいかな。( ´ー`)

あ、プロフィールのダルマが、ゴルゴになってますね!
目がふたつ。。。願いがかなった?!

あと、アレがあるかと思ったら、、、なかった。
まあ、健康に悪そうだから、やめといた方がいいですよ~。アレ。( ´ー`)
  1. 2007/01/16(火) 17:41:52 |
  2. URL |
  3. ジジ飼い #-
  4. [ 編集]

 ジジ飼いさん!なじらねぇ~?v-490

 タハハ・・・・・参ったな~!結構オススメ映画だったんだけど、これじゃ逆効果(笑)

 でも、確かに観ようによっては結構コメディ色の強い作品だったかも(苦笑)

 それから、ゴ○ゴダルマですが、両目が無きゃサマにならないかなぁ~って思ったモンで・・・願いは叶ったってワケでは決して・・・・i-229

 あと・・・・・・スンマセン、アレとは?
 まさか、今日UPしたヤツのことかな?
  1. 2007/01/16(火) 23:21:38 |
  2. URL |
  3. GIRUSAMA #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://girutea72.blog42.fc2.com/tb.php/336-afea88b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

笹野高史

笹野高史笹野 高史(ささの たかし 、1948年6月22日 - )は、日本の俳優。日本大学芸術学部中退。兵庫県津名郡一宮町 (兵庫県津名郡)|一宮町(現淡路市)出身。グラン
  1. 2007/01/20(土) 02:45:18 |
  2. 玲奈の部屋

プロフィール

GIRUSAMA

Author:GIRUSAMA
 性別・♂
 四十路突入!”おっさん!”
 越後国出身
 現在、群馬北部に潜伏中
 会社員(運送関係)
 えせラヲタ野郎
 えせB級グルメ野郎
 精神年齢、低め
 豚骨、感激♪
 煮干しダシ、恍惚♪
 二郎系、上等♪w
 まぜそば、大熱狂♪
 チャーシュー、感涙♪
 ナルト、狂喜乱舞♪
 博多麺、微笑♪
 漢検2級
 普通免許取得(青)
 辛党だし、甘党
 結構新し物好き、けれど伝統モノも好きな時もアリ
 多趣味気取り
 違いの分かる男(多分)
 体重増加を(かなり)危惧する男
 元・月1ジャポネの会 No.13(魔の13番)
 年1イタリアンの会・会長!みかづきイタリアンをこよなく愛する男!
 フレンドのイタリアンもこよなく愛する男!
 イタリア料理という意味の「イタリアン」も、そこそこ愛する男!
 タレカツ丼もこよなく愛する男!
 ポッポ焼きもこよなく愛する男!
 もも太郎(セイヒョーのかき氷バー)もこよなく愛する男!
 「のっぺ」もこよなく愛する男!
 大阪屋の「万代太鼓」もこよなく愛する男!
 大阪屋の「流れ梅」もこよなく愛する男!
 大阪屋の「葡萄紀行」も結構愛する男!
 加島屋の「鮭の味噌漬けほぐし」もこよなく愛する男!
 醤油赤飯もこよなく愛する男!
 笹団子は・・・まぁまぁ愛している男!
 だるま弁当や峠の釜めし、登利平の鳥めし弁当もそこそこ愛している群馬在住の男!
 飯島商店の「みすゞ飴」や、小布施堂の「栗鹿の子」にも目がない、長野県近辺在住の男!
 某謎のラヲタ軍団の団員7号
 その某謎のラヲタ軍団の団長、すでにブログ引退
 えせイラストレーター
 オトボケ野郎
 すっとこどっこい
 おっちょこちょい
 陽気な酔っ払い
 結構実は、寂しがり屋さん
 ちょっと自虐屋さん
 下衆野郎
 よく言えば「汗っかき」
 悪く言えば「多汗症」
 不器用ですから・・・・・
 ビートルズだったら、ジョン
 クィーンだったら、フレディ
 おニャん子だったら、高井麻巳子
AKBだったら、かつては大島優子だったが、今は・・・・・
 たま~に、引きこもり
 独身
 大バカ
 ・・・それがオレ。


 こんなオレに、温かいコメントどしどし送っておくんなましっ!

 送っていただくと、喜びのあまりダンシングすること間違いないでしょ~♪

 ただ、エロいスパムコメントだったら、送った相手に対して殺意を抱きますんで、そのつもりで♪

twitter(ツイッター)

ブログの更新報告やその他もろもろを呟いております!是非ともフォローヨロシクですぜ!

giru_giruteaをフォローしましょう

最近の記事

FC2カウンター

死語ステッカ~

死語ブログパーツ

ナイスなリンク先!

このブログをリンクに追加する

あわせて読みたい!!

あわせて読みたいブログパーツ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

点取占いステッカ~

点取り占いブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ランキング

参加してます!面白そうだとおもったら、クリックよろしく願いまっシュ!!→→→

ブログジャンキー

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。